スキンケアアイテム
とにかく保湿!40代からの肌ケアポイント!

誰でも年齢を重ねるごとに、肌の機能が衰えてきます。30代に突入すると、肌のくすみ・シミ・しわなどの肌トラブルが徐々に気になり始めることでしょう。しかしその一方で、40代の方でも肌年齢を感じさせない若々しいはだの方もいます。

個人差はありますが、日々のお手入れで老化による肌の乾燥を、ある程度食い止めることができます。老化による肌の乾燥には、とにもかくにも保湿です。保湿には大きく分けて、下記の2種類の考え方があります。

 

point1バリア機能を回復するまでの保湿
肌は睡眠中に、日中に失った肌の角質層内の水分を回復しようとします。そのバリア機能が回復するまでの肌を守るためのつなぎです。

 

point2 バリア機能を高めるための保湿
加齢により自然に減少した肌の水分は、ターンオーバーで回復しない場合があります。減少した肌と同じ成分を補って、バリア機能を修復します。

 

ターンオーバーの間隔も年々長くなり、バリア機能が回復しにくい40歳代の肌には、⑵のバリア機能を高めるための保湿が良いでしょう。

肌の水分保持力の大半を占める角質層の主成分セラミドとその次に多いNMF(天然保湿成分)の主成分アミノ酸。それらが多く配合されている保湿化粧品でのケアをお勧めします。

 

「買って損した。」ということがないように、敏感肌さんの化粧品の選び方。

若いころから使っていた化粧品が最近合わなくなってきた…なんてことはありませんか?加齢により肌が敏感に感じる方が大勢います。

敏感肌には定義がありません。加齢により肌の水分が減少すると肌のバリア機能が弱まります。弱まって外部刺激からの抵抗力が落ち、化粧品を使って肌が荒れたり、赤味を帯びたり、髪が触れただけでかゆくなったりします。この状態が一般的に「敏感肌」と呼ばれています。

敏感肌の原因となっているのが肌の乾燥です。乾燥を防いで肌のバリア機能が回復しなくてはいけませんが、肌が敏感になっているときは以下のように化粧品にも気を遣って下さい。

 

point1 セラミド配合の多い化粧品
皮膚の水分の大半はセラミドによって保たれています。加齢により失ったものはターンオーバーでも回復しないので、化粧品で不足分を補いましょう。

 

point2 コラーゲン・ヒアルロン酸も配合されている化粧品
これらの成分は肌のバリア機能を高めてくれる作用があります。セラミドと同時に積極的に取り入れ、肌の乾燥を防ぎましょう。

 

point3 配合はシンプルなもの
みなさん効果を期待して、たくさんの成分が入っているものを求めがちですが、成分の数だけ肌は刺激を受けます。肌が敏感になっているときは、少ない数の配合のシンプルなものが良いでしょう。

 

point4 さらさら化粧水より、こってりクリーム
敏感肌の方はとにもかくにも保湿が大事です。乾燥を防ぎ保湿力が高いクリーム状のものがおすすめです。

 

point5 メイクも薄くナチュラルに
乾燥を防ごうと厚塗りメイクをする方がいますが、かえって逆効果です。肌が敏感だとメイクするだけでも刺激を受けます。一回のクレンジングでメイクを落とせるように、薄いメイクを心がけて、肌の負担の回数を減らしましょう。

 

人によって刺激を受ける成分はさまざまです。購入の際は、テスターや試供品のなども活用し、自分にあったものを選びましょう。